フルーツ大福や生どら焼きの通販なら 菓匠庵はちまん京都

ダイエット中でもおすすめの和菓子

甘いものが大好きな方に最も人気があるものは、ケーキやチョコレートなどの洋菓子でしょう。バターや生クリームたっぷりの洋菓子はとても美味しくて、高カロリーだと分かっていても止めるのは難しいのではないでしょうか。そんな時には苺大福やどら焼きといった和菓子を食べるのがおすすめです。 まず和菓子のカロリーがどのくらいなのか紹介します。




・1個あたり100kcal程度
水ようかん・だんご(醤油)・豆かん・ういろう・かるかん・もなか・くずまんじゅう など
毎日1個なら食べても支障はありません。


・1個あたり150kcal程度
大福餅・草餅・カステラ・ようかん・鯛焼き・今川焼き・きんつば・栗饅頭 など
週に2~3回までならおやつに食べても大丈夫です。


こうして見ると和菓子は全体的にカロリー控えめで選べる範囲が広いので、甘いものが食べたい時に我慢せず食べることができます。
対照的に洋菓子類は、例えばケーキ1切れ200~300kcal程の高カロリーなのでダイエット中には不向きと言えるでしょう。




・和菓子は食物繊維がたっぷり
和菓子に使われている素材は、実は食物繊維が多く含まれているものが多いです。消化がゆっくりになることで食後に満足感が増し、ダイエットの強い味方になってくれます。
さらに腸内の良性細菌を増やし便秘を防止する働きもあります。 食物繊維の必要量は、摂取カロリー1000kcalあたり10gが推奨されています。1日の摂取カロリー1800kcalを目標にしている人は18gの食物繊維が理想です。
主にイモ類・野菜・豆類・海藻・きのこ類・果物に多く含まれており、和菓子には小豆(あん)・インゲン豆(白あん)きなこ・寒天を使うものが多いため意外と食物繊維が摂取できておすすめです。




・食物繊維の多い和菓子
きんつば(1個60gあたり約3.9g)・どら焼き(1個85gあたり約3.0g)・練り羊羹(1個50gあたり約1.5g)・栗饅頭(1個50gあたり約1.5g)・大福(1個65gあたり約1.6g)
ちなみにケーキ1切れあたりの食物繊維量は約0.6g程度と少なめです。



トップページに戻る