フルーツ大福や生どら焼きの通販なら 菓匠庵はちまん京都

和菓子について


日本の伝統的な製法で作られた和菓子は子供からお年よりまでどんな世代でも受け入れられるお菓子です。
米粉や小麦粉、小豆などの穀物、芋や寒天など健康的な原料で多くの種類の和菓子が生み出されてきました。

和菓子の魅力

和菓子は味の良さだけではなく見た目も楽しむことができます。芸術的な作りもあり、さらには四季を感じることもできるのです。
和菓子は日本の四季とつながりが強く、お店に並んだ和菓子を見て四季を感じることができます。
お菓子で四季を表現できるのは日本のならではの文化ともいえるのではないでしょうか。

どら焼きの歴史

どら焼きは古い歴史を持つ和菓子のひとつです。
漢字では「銅鑼焼」と表記され、形が打楽器の銅鑼に似ていることから名付けられました。
しかし、もともとは金鍔の皮に餡をのせ皮の端を折りたたんだものであったとされています。
今のどら焼きの形になったのは大正時代で、上野にある和菓子屋にて考案されこれが全国に広まったとされています。

生どら焼きについて

宮城県発祥の生どら焼きは生クリームと小豆餡をホイップしてはさんだどら焼きをいいます。
宮城県各地で広まった後、日本各地でも生どら焼きが生産されるようになり小豆餡の代わりにカスタードクリーム、チョコレートクリームなどを入れたものやフルーツを入れたものが登場しました。




トップページに戻る